スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアコン1台で家中20℃をほぼ完璧に維持できました

 
一般的に冬の推奨暖房温度は20℃と言われているようですが、我が家の理想は21℃以上です。

今回は、その推奨温度20℃をエアコンで1日中維持することを試してみました。

1月10日の21時に1階エアコンを設定温度20℃で稼働させました。
そのまま、1月11日の9時過ぎにエアコンのスイッチをオフにしました。

1月11日の1階と2階の室温の推移です。

1階の室温の推移です。

2016011130.png

みごとに20℃をキープしています。
12:00以降は、太陽熱の暖房により、温度が21℃以上にまで上昇しました。




続いて、2階の室温の推移です。

2016011131.png

2階もほぼ20℃以上をキープできていると言っても良いと思います。
13:00以降は、太陽熱の暖房により、温度が21℃以上にまで上昇しました。




エアコン稼働時の消費電力量です。

2016011132-2.jpg

1月11日分としては、
3・3キロワット時で電気代は76円でした。


驚いたのは、エアコンの設定温度の通りに、温度が一定に維持されていることです。
外気温は変化するのに、エアコンは室内の温度が一定になるようにしっかりと対応してくれているようです。

エアコン暖房を快適に使うコツは、局所的に人に暖気をあてるのではなく、
家の壁や床など家全体の温度を暖めることだと感じています。


エアコンは、他の暖房より省エネです。
全館暖房にエアコンを使わないのは、もったいないです。

ただし、我が家では、エアコンより省エネな太陽熱をメイン暖房としていますので、昼間はエアコンのスイッチはオフにしています。



にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村


関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。