スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全館暖房なので保冷庫に食品を保存しています(1月の温度推移)

 
我が家は、全館暖房で1階、2階とも24時間ほぼ20℃以上を保っています。
全館暖房で困るのは、食品の保存です。
温度が高いと食品が傷みやすそうです。

そこで、みかんやりんごなどの保存のために、
階段下収納を保冷庫として、OMソーラーの床下暖房範囲から外しています


1月の温度推移を見てみましょう。

OMソーラーシステムは、15分ごとにそれぞれの場所の温度を自動で記録してくれます。
それらのデータは、インターネット経由で見ることもできるし、
USBにダウンロードして、自由に加工もできます。

今回は、エクセルでグラフ化してみました。

2016013101.jpg


薄い青色と濃い青色は、1階と2階のそれぞれの温度です。
室温は、ほぼ20℃を保っています。
室内1階は、平均:20℃、最高:24℃、最低18℃
室内2階は、平均:20℃、最高:23℃、最低18℃

オレンジ色が外気温。
外気温は、平均:3℃、最高:16℃、最低-8℃

グレーは、お湯採りの温度です。
湯温は、平均:16℃、最高:34℃、最低6℃
20℃を超えているのは、11日間です。



そして、黄色が保冷庫
保冷庫は、平均:14℃、最高:18℃、最低12℃
1月下旬は、15℃を下回っています。
室温より、5℃程度低い状況でしょうか。

この温度差で効果がどれくらいあるのか、正直言ってわかりませんが、
少しでも腐るのを防ぐことができていればありがたいです。




にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村



関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。