スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間のエネルギー収支を見やすくまとめました

 
我が家の年間の一次エネルギーの収支を図にまとめました。
 太陽光発電の容量は3.6kW
 Ua値は 0.27、C値は 0.6 です。

2016030901.png


創出エネルギーは 44GJ ① でした。
 このうち、自家消費分は 6GJ ② で、売電分は 38GJ ③ です。


 購入電気分は 11GJ ④ 
 都市ガス使用分は 3GJ ⑤
消費量合計は 20GJ ⑥ です。


「創出エネルギー」①と「消費量合計」⑥を比較すると 44 > 20 となり、ゼロエネルギーを達成しています。
ゼロエネルギーを達成するのに必要な太陽光発電の容量は、現在の3.6kWの半分でも可能です。


計算式です。
 ① 創出エネルギー = 年間発電量 4501kWh × 9.76/1000 = 43.9 (GJ)
 ② 自家消費分   = ① - ③ = 43.9 – 38.1 = 5.8
 ③ 売電分     = 年間売電量 3902kWh × 9.76/1000 = 38.1 (GJ)
 ④ 購入電気分   = 年間買電量 1103kWh × 9.76/1000 = 10.8 (GJ)
 ⑤ 都市ガス使用分 = 年間使用量 72.1㎥ × 45/1000 = 3.2 (GJ)
 ⑥ 消費量合計   = ② + ④ + ⑤ = 5.8 + 10.8 + 3.2 = 19.8 (GJ)


注)我が家では、OMソーラーシステムが稼働しており、
  太陽熱を給湯エネルギーと暖房エネルギーとして利用していますが、
  上記の値にはそれら太陽熱エネルギーは含めていません。

  国が提唱するZEH住宅ではゼロエネルギーの判断は家電を除くが、
  上記の値は家電の使用エネルギーも含んでいます。






にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村



関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。