スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用電力量と外気温の関係

 
当たり前ですが、冬は外気温が下がると使用電力量は増えます。
(暖房でエアコンを使用するのと、ガス給湯器の凍結防止ヒーターが電気を多く使います)

そして、春になり外気温が上がると使用電力量は減ります。


我が家ではどうだったかを明らかにするために、
2月と3月の使用電力量と外気温の関係をグラフにしてみました。


2月です。

2016040702.png

2月の平均外気温は、4.1℃でした。

ただ、2月13日は13.1℃、2月14日は14.3℃まで気温が上昇しました。
この2日間の使用電力量がガクッと下がっているのがわかります。

見事なまでに、温度が上がると使用電力量は減っています。





3月です。

2016040701.png


3月の平均外気温は、7.7℃でした。
温度が上昇したため、2月と比べて使用電力量は減っています。

ただ、3月1日は0.1℃でした。2月のどの日よりも3月1日のほうが寒かったのです。
さすがに使用電力量が10キロワット時を超えており、2月~3月では一番多くなりました。

3月は、気温の変化がかなりあります(三寒四温ですね)。

ようやく3月27日以降は、春のような温度になってきました。

4月も今のところ、寒の戻りはありません。
ただ、去年の4月8日は平均温度が5.4℃と、冷え込みが厳しかったです。
今年もまだ油断はできないです。




にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村




関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。